姿勢を良くすれば足が細くなるという話がありますが、その可能性はあります。

姿勢が悪いと、背骨が歪んでしまったり、骨盤の位置がずれてしまったりして、体のバランスが悪くなります。その結果として血行が悪くなり、脂肪の燃焼率が低下し、足が太くなってしまう可能性が高くなるのです。特に猫背の人は足が太くなりやすいと考えられます。

そこで、姿勢を正しくして体のバランスを良くする方法を考えてみます。

正しい姿勢とは、背中を壁につけた時に、かかと、ふくらはぎ、お尻、肩、頭が壁につく状態です。実際にやってみると、最初は窮屈に感じたり違和感を感じたりするかもしれません。

しかし、この姿勢を常に意識することが大切です。歩く時もこの状態を意識してください。最初のうちはぎこちなく感じるかもしれませんが、慣れてくると、この歩き方でも楽に感じるようになります。遠くを見るようにすると、正しい姿勢を作りやすくなります。