自転車に乗ると脚が太くなるというイメージが強いかもしれません。しかし、自転車に乗っただけで脚が太くなることはありません。やり方によってはダイエットも、脚を細くすることも可能です。

競輪選手は脚が太いですが、それは毎日非常にハードなトレーニングを積んでいるからです。一般の人が自転車に乗っても、あのような筋肉は付きません。

自転車に乗って脚を細くしたい場合は、普通の自転車ではなくスポーツタイプの自転車を使い、ギアを軽くして脚に出来る限り負担を掛けないようにすると良いでしょう。

一所懸命に全力で漕いでしまうと、筋肉が凝り固まって、血液の流れが悪くなります。すると、脚がむくんできてしまい、脚が太くなってしまいます。

脚の筋肉への負荷は少なくして、脚の脂肪を燃焼させる有酸素運動をする意識で自転車に乗ると効果的です。週2,3回、1回10キロ程度自転車に乗ると、次第に脚が締まって細くなっていくでしょう。