フェイシャルエステのホワイトニングとは、エステサロンでお肌の美白ケアを行うことです。

エステサロンで行われているホワイトニングには、主に次のような2つの方法があります。

マイナスのホワイトニング

マイナスのホワイトニングとは、例えば「ディープクレンジング」が代表的な方法です。プロのエステティシャンによるクレンジング効果は期待以上のものがあります。

溜まってしまった古い角質をはがす「ピーリング」も、マイナスのホワイトニングの一つと言えます。ピーリングといっても様々な方法があります。物理的にお肌の角質を取る場合はハーブなどを用います。

クリニック(医療機関)で行われるケミカルピーリングでは、グリコール酸、乳酸、サリチル酸など、角質を除去するための薬剤を使用します。レーザーピーリングでは、レーザーを照射して毛穴の中の汚れや古い角質を取り除きます。

プラスのホワイトニング

プラスのホワイトニングというのは、美白効果のあるクリームや美容液などの化粧品を使って、お肌のケアをする方法です。

同時にマッサージをしてくれますので、血液やリンパ液の流れが良くなり、くすみ改善やリフトアップ効果も期待できます。