ビタミンC誘導体とは、不安定で壊れやすいビタミンCを壊れにくくしたものです。肌に浸透しやすいように加工されているビタミン成分です。

美顔器の専用ジェルには、ビタミンC誘導体を配合していることが多いです。

ビタミンCは緑黄色野菜やフルーツに多く含まれており、抗酸化作用や美白効果があると言われています。ビタミンCが不足すると、シミができやすくなったり、肌がたるみやすくなってシワが増えてしまったりします。

ビタミンCを摂ることで、肌の潤いやハリが保たれます。しかし、食品からビタミンCを摂ることには限界があるため、ビタミンC誘導体が作られました。

ビタミンC誘導体には種類がいくつかありますが、共通する美容効果は次のようなものです。

  • 抗酸化作用(肌の老化を抑えます)
  • 新陳代謝の促進
  • メラニンなど色素沈着の防止
  • 皮脂の分泌調整
  • コラーゲンの生成促進

このようにビタミンC誘導体は肌に良い成分ですので、化粧水、乳液、美容液などに配合されているのです。