ヒアルロン酸の豊胸手術は、注射器で胸にヒアルロン酸を注入します。
この際に使用する注射器の針は細い針ですが、痛いので局所麻酔静脈麻酔を使用します。

片方の胸に10ccから150ccのヒアルロン酸を注入することができます。
30ccで0.5カップ程度バストアップします。

施術時間は20分から30分程度です。
術後の腫れはほとんどなく、あっても1日程度で引きます。
術後の痛みもほとんどありません。

また、入院は必要ありません
翌日から入浴できます。

0.5から2カップ程度のバストアップをしたい方、少しずつサイズアップをしたい方におすすめの方法です。

デメリットとしては、大きくなった胸が一生持続するわけではないということが挙げられます。
ヒアルロン酸は、自然と体内に吸収されていきます。
そのため、バストアップの効果は約3年と言われています。