現在の豊胸手術は技術が飛躍的に進歩していますので、安全性は非常に高くなっています。
ですので、豊胸手術の後遺症は滅多に無いと言われていますが、皆無では無いようです。

例えば次のような後遺症があります。

細菌による感染

豊胸手術は体にメスを入れたり注射針を刺したりしますので、細菌による感染症がまれにあります。

プロテーゼ豊胸術の後遺症

プロテーゼを挿入すると、体に防御反応が起こることがあります。
そして、プロテーゼが体内でできた皮膜に覆われて、胸が硬くなってしまうことがあります。カプセル拘縮と呼ばれるものです。
これを防ぐためにはマッサージが必要です。マッサージ方法はクリニックで教えてもらえます。

ヒアルロン酸豊胸術の後遺症

ヒアルロン酸注入の後遺症は、まれに倦怠感を覚えたり、発熱してしまうことがあります。

脂肪注入豊胸術の後遺症

脂肪注入法では、胸にしこりのようなものが出来る石灰化の可能性があります。