豊胸手術の費用は、健康保険がきかない自由診療のため病院(クリニック)によって差があります。
また、手術の種類によって費用は変わります。
いずれにせよ高額となる手術ですので、じっくりと検討して決めてください。

あまりにも高額な病院は避けたいですね。
安過ぎる病院も不安がありますので避けた方が良いでしょう。
また、料金体系が明確で無い病院もおすすめできません。

豊胸手術の前後にも様々な費用が発生します。
例えば、手術前のカウンセリング、手術の準備、手術後のアフターケアなどです。
これらの費用が「手術費用」に全て含まれているのか、別途に追加費用がかかるのかなど、納得出来るまで確認しておきましょう。

さらに、費用面だけでなく、担当医師の経験や腕病院の設備などについても、ネットでクチコミなどを検索して、評判の善し悪しを調べましょう。
手術をしてから後悔することのないように、十分に病院選びをして下さい。

さて、豊胸手術の種類別に費用についてご紹介します。

1 脂肪注入

脂肪注入豊胸は、およそ50~100万円くらいかかります。
この手術は、まず自分の脂肪を吸引して、その脂肪を胸に注入します。
必要の無い部分の脂肪を吸引することができますし、自分の細胞を使いますので、安心感はあります。
また、出来上がりが自然です。

2 プロテーゼ(シリコンバッグ)挿入

プロテーゼ挿入豊胸は、およそ40~100万円くらいかかります。
プロテーゼには多くの種類がありますし、大きさも様々ですので、それらによって金額が大きく変わってきます。
病院によっては200万円くらいかかる所もあるようです。

3 ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入豊胸は、ヒアルロン酸の注入量によって金額が変わります。
ヒアルロン酸1cc当たり、およそ5千円~1万円くらいです。

プチ豊胸」として人気のある豊胸術です。
ただし、ヒアルロン酸は体に吸収されていきますので、バストアップの効果は約3年間です。