豊胸手術をしたことが原因で乳がんになるというデータはありません
豊胸手術をして乳がんになった人もいますし、ならない人もいます。
豊胸手術をすることで、乳がんになる確率が上がるわけではありません。

乳がんは遺伝子の異常などが原因だと言われていますので、豊胸手術とは関係ありません。
乳がんになるかならないかは誰にも分かりません。

ところで、日本では乳がん患者さんが急増しています。
現在、乳がんは日本人女性の12人に1人がなると言われています。
国立がん研究センターがん対策情報センターによる2012年の部位別がん罹患数の統計によると、乳房のがん罹患数は73,997人です。
女性がなるがんで一番多いのが乳がんです。

乳がんは、早期発見すれば90%以上の確率で治ると言われています。
豊胸手術をしたしないに関わらず、全ての女性の方は、定期的に乳がん検診を受けたほうが良いでしょう。

(参考)がん情報サービス http://ganjoho.jp/public/index.html