胸が小さいことと睡眠不足の間には深い関係があります。

睡眠時間を十分に確保すると、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が多くなり、バストの成長が促進されます。
睡眠時間が足りないと、エストロゲンの分泌量が少なくなりますので、バストの成長を阻害してしまいます。

睡眠時間が5~6時間という女性が多いようですが、これでは少ない人が多いのです。
個人差があって、短い睡眠でも大丈夫な人も、半日くらい寝ないとダメな人もいますが、一般的には7時間くらいが十分な睡眠時間と言えます。
7時間くらいを目安に睡眠を取るようにしましょう。

睡眠時間が短いと良いことはありません。
バストが成長しないだけでなく、健康や美容にも悪い影響を与えてしまいます。
免疫力が下がる可能性が高いので、病気になりやすいです。
肌のターンオーバー(新陳代謝)を乱してしまいますので、肌トラブルを引き起こす原因になりえます。

理想は、午後10時から午前2時の間に眠っていることです。
この時間帯は、成長ホルモンが最も分泌されます。
つまり、お肌のターンオーバーが活発になるのです。
可能な限り、夜10時には寝るようにしたいものです。