豊胸手術をすれば確実に胸を大きくすることができます。

豊胸手術には様々な種類があります。

1 シリコンバッグ

おそらく一番有名な手術は、シリコンを入れる手術でしょう。
切開してから、シリコンバッグを胸に入れます。
分りにくい場所を選びますので、手術跡がバレにくいでしょう。
1~5カップ内でしたら、好きな大きさにできます。

2 脂肪注入

自分の脂肪を胸に注入するという手術法もあります。
この方法は自分の余分な脂肪を胸に入れますので、アレルギー反応が起こりづらく安心です。
ただし、この手術方法では1カップ程度しか大きくすることができません

3 ヒアルロン酸注射

体にメスを入れない方法では、ヒアルロン酸注射が人気があります。
ヒアルロン酸を胸に注射するだけですので、体にメスを入れずにバストアップできます。
ただし、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうため、効果が永遠に続くわけではありません
また、1カップくらいのバストアップが限界でしょう。

いずれのバストアップ方法もメリットとデメリットがあります。
費用も技術力もクリニックによって様々です。
豊胸手術を選ぶ際は、十分に検討した上で決断してください。