セルライトの発生をできるだけ防ぐために、なぜできてしまうのかを知っておくと良いでしょう。

セルライトができる原因は、主に次のようなことが考えられます。

運動不足

運動不足はセルライトができる大きな原因になります。
ある程度の運動をしないと、脂肪細胞に脂肪などが溜まり、セルライトはどんどん増えていきます。
運動の嫌いな人や体を動かす時間の無い人は、セルライトが付きやすくなるのです。

食生活の偏り

食生活の偏りもセルライトにつながります。
肉やスイーツなど、高カロリーな食べ物を多く食べ続けていると、セルライトができやすくなります。
偏らない食事が大切です。

冷え性

冷え性の人は、新陳代謝が落ちて、血液やリンパの流れが悪いため、脂肪や老廃物が溜まりやすくなりますので、セルライトができやすいのです。
セルライトが蓄積すると、むくみや血行不良を起こしますので、ますます冷えを引き起こしてしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

更年期障害ピルの服用などによりホルモンバランスが乱れたり変化したりすることで、セルライトができてしまうことがあります。

加齢

加齢によって筋力が低下して、脂肪組織を保持できなくなり、脂肪がたるんで血管を圧迫し、セルライトができてしまうことがあります。