二重まぶたの整形手術についてですが、埋没法でも切開法でも、必ずダウンタイムと呼ばれる施術してから回復するまでの期間が存在します。

特に切開法の場合は、まぶたにメスを入れるため、術後1週間程度は周囲からもはっきり分かるくらいまぶたが腫れたり内出血を起こしたりします。

完全に腫れが引いて手術前の状態に戻るまでには、おおよそ3か月から6か月かかります。短期の休みに切開法で二重整形手術をするのは難しいでしょう。切開法で二重まぶたにする場合には、周囲にカミングアウトする覚悟でやる必要があるかもしれません。

また、施術する医師の腕にも左右されます。アイプチを使い過ぎてまぶたがかぶれていたり、二重の幅が広いデザインの場合ですと、特に腫れやすくなりがちです。

ただし、回復期間には個人差があります。人によっては早く腫れが引くことあります。また、安静にして、腫れている所を冷やしたり、術後1週間くらいは温めのシャワーを浴びるだけにしたり、飲酒や喫煙を控えたりなど、日常生活で気を付けることで、ある程度はダウンタイムを短くすることができるでしょう。