顔を引き締め、顔を小さくすることができる「小顔体操」は効果的です。

顔の筋肉は通常の場合7~8割程度しか使われていません。そのため、使っていない筋肉は筋力が低下していたり、緊張して凝り固まっている可能性があります。
この状態を放っておくと、顔がたるんだり、むくんだりして、大きく見えてしまいます。

そこで、顔の筋肉を鍛えて引き締めたり、表情を豊かにするためにも、小顔体操が必要になってきます。

小顔体操のやり方は次のとおりです。

  1. 足を肩幅くらい開いて背筋を伸ばして真っ直ぐに立ち、目をゆっくりと閉じます。次に、目に力を入れて5秒間閉じ続け、勢いよく目を開きます。この動作を3回行ってください。
  2. 首を上に向けて首の筋肉を伸ばします。顔の筋肉を全部使うようなつもりで「あ、う、お」と発音します。次にアゴを引いた状態で「い、え」と発音します。

小顔体操を行う際は、時間をかけてゆっくりと行うことがコツです。

顔の体操をすることによって、顔の筋肉が鍛えられますので、引き締まって小顔になれます。