小顔になるには、表情筋を鍛えるのも効果のある方法の一つです。表情筋を鍛えると、顔のたるみが取れ、すっきりと引き締まった顔に、小顔になることができます。

表情筋は年齢と共に緩んでいきます。すると、頬やあごがたるんでしまいます。顔がたるむと太ったように見えてしまいますし、年を取ったようにも見えてしまいます。また、表情筋を動かしていないと、顔に老廃物が溜まってむくみやすくなります。

以下、表情筋トレーニングの方法を紹介します。表情筋のトレーニングを毎日することで、表情筋を鍛えることができ、小顔になれます。

■目と口を閉じて、顔の中心に寄せるようにして、そのまま10秒キープします。10秒経ったら、顔の中心に寄せるのを止めて、目や口を大きく開き、その状態で10秒キープしてください。次に、口を尖らせて右へ動かして10秒キープ、左へ動かして10秒キープします。

■「あいうえお」を言います。「あいうえお」は、それぞれ口の動かし方が異なるため、表情筋をしっかり使うことができます。目を大きく開けて、大きく口を動かして、あ、い、う、え、お、と丁寧に言いましょう。