二重あごを解消して小顔になるエクササイズをご紹介します。ぜひ毎日続けてみてください。

ポイントは顔の表情筋を良く動かすことです。表情筋とは喜怒哀楽の表情を作る顔の筋肉の総称です。この筋肉を使わないと、顔の筋肉が衰え、リンパの流れが悪くなり、むくみやたるみの原因となります。また、血行が悪くなりますので顔色が悪くなりがちです。さらに脂肪や水分が溜まって、顔が大きくなったり二重あごになったりしてしまいます。

■上を見て、あごを突き出すようにします。次に、首を後ろの方へ反らせていきます。反らせたままの状態で、大きく口を動かしながら、はっきりと、ゆっくりと「あ、い、う、え、お」と言います。
これを朝昼夜3回行うと、あごの周りの筋肉がよく使われますので、次第に二重あごがスッキリとしてきます。

■二重あご予防エクササイズも効果的です。首を後ろの方に反らせ、舌を出して上下左右にゆっくりと動かします。これを朝昼夜3回行ってください。普段あまり舌を意識的に動かすことはないと思いますが、舌を動かすことで血流が良くなり、老廃物が排出されやすくなり、二重あごの予防になります。