アルコール(お酒)が不妊症(避妊をしなくても一定期間以上妊娠できない、もしくは、妊娠状態を維持できないことをいいます)を引き起してしまう可能性があるかという問いに対しては、「可能性が大いにあるので、控えましょう」と言うのが答えだと言われています。

女性が妊娠中・授乳中のアルコールを制限されるのはどのような人でも知っている事と思いますが、妊娠前の段階でも過度のアルコール摂取が不妊に通じるといわれますから、少し衝撃的なのです。

また、これは女性だけだけでなく男性側にもいえることなので、気を付けなければならないのです。

昨今は、不妊で悩むカップルが多いことで知られており、その主な原因は「晩婚化」といわれているんですが、原因としては決してそれだけじゃないんです。

過度な飲酒は精子の奇形発生危険性が高くなり、結果的に不妊の原因となるのです。

男性なら経験があるでしょうが、過度の飲酒(自分の能力を超えて飲むと二日酔いになります)は勃起能力を低くすることも知られています。

その上、女性だったら卵胞形成を阻害し、排卵障害や卵子の着床障害を引き起こしてしまうため、不妊となってしまうそうです。