不妊症に良いとされる漢方を2つ紹介します。
この2つが不妊症の漢方では特に広く知られています。

山茱萸(さんしゅゆ)

まず1つ目に紹介する漢方は、山茱萸(さんしゅゆ)という漢方で、腎臓の動きなどを助ける作用があるので、血の巡りを良くする効果のある漢方です。

不妊症は、生理不順(ホルモンバランスの乱れなどが原因となっているため、生理不順が続くようなら産婦人科で検査を受けた方がいいでしょう)などが原因ですので、山茱萸(さんしゅゆ)を飲む事で、症状の改善を目指します。

もちろん、山茱萸(さんしゅゆ)を服用するときには、他の漢方と調合した上で服用しますので、飲みやすいといわれているんですね。

熟地黄(じゅくじおう)

次に紹介する漢方は、熟地黄(じゅくじおう)という黒い漢方です。
熟地黄(じゅくじおう)も、生理不順を改善させる効果があります。

以上のように、2つの漢方を紹介しましたが、漢方には不妊症の原因(晩婚化も原因の一端かもしれませんね)のひとつである生理不順(子宮内膜症や子宮筋腫といった婦人病が原因になっていることもあります)を改善させる効果があるそうです。

生理不順を改善できたなら、排卵がきちんとされていることになるため、不妊症を克服できる場合もあるかもしれませんね。