不妊症検査に掛かる費用は、「5万円+薬代」と考えるといいかも知れません。

不妊症検査は、男性側、女性側でそれぞれ調べることが多く、その検査内容は異なります。

女性側の検査は、ホルモン検査や卵管が通っているか確認する子宮卵管造影(X線撮影)検査
それに加えて、卵胞の中の卵子の状態を調べる前胞状卵胞の測定検査もあります。

一方、最近では、男性の不妊症も増えている傾向にありますから、男性も不妊症検査を受けることが多いです。
男性の場合なら、精液検査を行います。
これは、精子の状態と質を調べることができる検査です。

男性の不妊症検査は、女性が多くいらっしゃる産婦人科の待合い室で診察まで待たなけれねならないので、精神的に辛いだといえますね。
できれば、産婦人科よりも不妊症専門のクリニックで検査したらいいですよ。

ただ、不妊症専門のクリニックだと少し費用が高くなるかもしれませんので、予め病院に聞いてみてください。

不妊症検査の費用は、病院による違いがあることも知っておくといいと思います。